PERK

To a Sustainable Future

conversation part.1

May 20, 2021 / FASHION

“私にできること”からスタートする
彼女たちのサスティナビリティ

左:カーサフラインのトレンチコート、ヴィンテージのスカート、同レザーショートブーツ
右:ウノハのワンピース、オールバーズのスニーカー
※すべてモデル私物。

2人で運営する「EF.」の活動について

沙希 ショーの後日にSONYAと改めて会った時、健康被害の話や普段実践していることを詳しく聞いて、「インスタを始めるのもありじゃない?」と私から提案したんです。彼女が実践していることを私は知れてよかったから、もっと周りに発信していろんな人に知ってもらえたほうがいいんじゃないかなって。

SONYA そこから少しずつ話を膨らませていって、「EF.」のインスタを立ち上げたのは去年の6月か7月頃かな。コロナ禍でちょうど自粛中だったから、TV電話でミーティングして、自粛明けに始めようってことになったよね。

沙希 「EF.」には、“もしも、自分の選択が少しでも未来をよくするのなら”というコンセプトがあって。堅苦しいことじゃなくて、例えば今日スーパーに洗剤を買いに行った時「あの子たちが言ってたから、今回はこっちを選んでみようかな」と思ってもらえるような。日々の小さな選択が未来に繋がることをシェアできたらいいなと。「EF.」は“ECO FRIENDLY”の頭文字を取っていて、これを“イフ”と読むことでコンセプトにもかかるようにしたんです。2人でめっちゃ考えたよね。

SONYA 環境問題や地球温暖化と聞くと、それだけで難しく感じる人もいるだろうから、ポジティブに発信していきたいと2人で話していて。「ペットボトルを使っちゃダメ」より、「マイボトルを持ち歩こう」のほうがずっと前向きに伝わる。私たち自身もポジティブな気持ちで取り組んでいるからこそ、「EF.」をストレスなく続けられているんだと思います。

沙希 今年の2月に「EF.」で「ストージョ」とコラボしたロゴ入りタンブラーを作ったんです。タンブラーって結構重いから、なかなか持ち歩きづらいという声があって。「オリジナルロゴを入れて作らせてもらえませんか?」と、私たちから問い合わせて実現しました。このタンブラーなら折り畳めるから小さめのバッグにも収納できるし、スタジオで撮影する際も自分のものだとひと目でわかる。何よりプラカップのロスを減らせるんです。「EF.」のロゴが入ったステンレスストローも、「ノープラスチックジャパン」さんに作ってもらって。これらの売上金の一部は寄付もしています。

「『可愛いからカフェで店員さんに褒められました』、『飲み口が小さいから子どもと一緒に使っています』といった反響があってうれしかったです」とSONYAさん。沙希さんはホットの昆布茶、SONYAさんはそば茶を入れているそう。

— PICK UP PRODUCTS! —

ミツロウラップとシリコン製のカバー
「ミツロウラップは布にミツロウをまぶしてアイロンを当てて染み込ませるだけなので、意外と簡単に作れるんですよ。私はラップ代わりに野菜やお皿を包むことが多いですね。だけどミツロウが溶ける酸性の食材は直接包めないから、レモンやリンゴはシリコンラップを切り口に被せて保存するようにしています」(SONYA)
「クリーンカンティーン」のステンレスボトル
「SONYAとお揃いで使ってる、BPAフリーでリユース可能なステンレス製のボトル。マイボトルを持ち歩くというだけでもエコだけど、これは製品自体健康に配慮されていて安全です」(沙希)
「『クリーンカンティーン』は身体や環境に配慮した製品作りをしたり売り上げの一部を寄付したり、サスティナブルな取り組みにブランド全体で力を入れているんです。保温性が高くて便利ですよ」(SONYA)
「スタッシャー」のシリコンケース
「サイズとカラバリが豊富だし、マチもたっぷりあるから残ったカレーや汁ものも保存できる。冷凍や湯煎、それにレンジでチンもできるので、すごく重宝しています。私はコスメやAirPodsなどを入れてポーチ代わりにしていて、濡れても大丈夫だからトラベルグッズを入れてもいいかも」(沙希)
「私はジップロック代わりに使うことが多くて、トマトやリンゴ、ナッツを入れて撮影に持って行っています。素材は食品用品質として認められている、100%ピュアナチュラルシリコーンなんだって」(SONYA)