PERK

My culture_MUSIC

June 27, 2020 / CULTURE

ドラム少女が長年焦がれる
唯一無二の女性アーティスト

「長い夢」YUKI
「JUDY AND MARY」のボーカリストとして1993年にデビューし、02年2月にソロ活動を開始。その独特の歌声、表現力、存在感は、昔も今も多方面から注目を集めている。

映画や音楽、本にアートといったカルチャーを、『PERK』が注目するINDEPENDENT GIRLがリコメンド。今回は鹿児島出身の3ピースロックバンド「雨のパレード」でドラムを務める大澤実音穂さんが最も憧れるアーティスト、YUKIの魅力を語ってくれました。

EDIT&TEXT_Yuka Muguruma(PERK)

 クラシック声楽をしている両親の影響で、幼少期から音楽に触れてきた大澤さん。初めてドラムに出合ったのは、小学4年生の時だそう。
「母と訪れた金管バンドの発表会で、女性がドラムを演奏している姿を目の当たりにして、『私がやりたいのはこれだ!』とふいに閃いたんです。それをきっかけにドラムを始め、現在に至ります」
 その後、地元の音楽専門学校でボーカルの福永浩平さんと出会い、バンドを結成。一度解散するも、可能なメンバーのみで上京することを決意する。
「今のバンドメンバーである福永の『東京でやろう!』という誘いには、魅力的に感じた反面、きちんとやっていけるのかという不安もあって。当時は本当に悩みましたが、挑戦することを決めました」
 地元を離れて知り合いもほとんどいないなか、がむしゃらに突き進む日常に、そっと安らぎを与えてくれるのがYUKIの楽曲だったと話す。
「私にとってYUKIさんは憧れの存在であり、彼女の曲は素の自分に戻してくれるホームのような存在でもあって。歳を重ねられてもなお変わらない、永遠の少女のようなオーラは、彼女だけが持つ唯一無二のものだと思います。小学校の頃にCDショップで見たシングル曲『長い夢』のジャケットが最高に可愛くて、思わず購入したのがYUKIさんのファンになった始まり。キュートなルックスと伸びやかな歌声、アクの強いメロディに、一気に惹き込まれました。数年前に武道館ライブに行った際は、初めて会えたことに感動。今はフラットな気持ちになりたい時や、ほっとひと息つきたい時に聴くことが多いかな。お気に入りは、映画『グラスホッパー』の主題歌としても知られる『tonight』です。この曲のドラムを担当しているのが、河村“カースケ”智康さんで。大好きなアーティストと尊敬しているドラマーがコラボした、私にとってはたまらない一曲なんです。やっぱりドラマーは必ずチェックしますね。日本のトップアーティストならではの豪華なキャスティングにも、常に注目しています」
 そんな彼女が所属する「雨のパレード」の最新アルバム『BORDERLESS』に収録されている11曲のうち5曲は、YUKIの代表曲「JOY」を筆頭にさまざまなヒットソングを世に送り出した蔦屋好位置氏とともに作り上げた。大好きなYUKIの楽曲も数多く手がけた有名プロデューサーとの共演は、かけがえのない経験になったと話す。
「私たちだけじゃ出し得なかった力を引き出してくださって、すごくかっこいい曲に仕上がったと思います。それこそ蔦屋さんのお名前は、10年以上前にYUKIさんのCDジャケットで拝見していて、すごく印象的な名前だから、『なんて読むんだろう?』と思いながら見ていたんですよね。そんな方と一緒にお仕事する日が来るなんて感無量です。本当に夢がある世界だなと感じました」
 そして「やりたいことをいろんな人に伝えていたら、ふとした瞬間に叶っちゃうことがあるんです。だからYUKIさんに会いたいっていう私の願いも、もしかしたら……」と大澤さん。いつか彼女に憧れて、音楽の世界に飛び込む女性もきっと現れるはず。敬愛するYUKIのように自分のスタイルを貫き通し、日本を代表するトップドラマーとして活躍する日が来るのも、そう遠くないのかもしれない。

PROFILE

MINEHO OSAWA

大澤実音穂
1991年鹿児島県生まれ。新感覚のメロディを奏でる3人組ロックバンド「雨のパレード」でドラムを担当し、ビートを織り交ぜた型にハマらないスタイルが持ち味。20年1月には、4枚目のオリジナルアルバム『BORDERLESS』をリリース。ミュージシャンとしてはもちろん、ファッションアイコンとしてもファン多数。
Instagram_@_____mineho
_@amenoparade 

次回の「My culture」は、映像作家として活動する石原海さんにお気に入りの映画を伺います。公開はInstagramでお伝えします!
@perkmagazine

Related Contents

My culture_MUSIC アオイヤマダ
My culture_MUSIC yko
My culture_MUSIC ery
My culture_MUSIC カイノユウ
My culture_MUSIC 井手寛恵
My culture_MUSIC 藤井早希子