Interview with
AIMI ODAWARA

Aug 24, 2022 / CULTURE

個展『8mile』を開催中の小田原愛美に
根掘り葉掘り話を訊いたスマイリーな60分

イラストレーションやコラージュ、立体など手法を問わない作品のほか、エッセイにモデルにと多方面で活躍するアーティスト、小田原愛美。シニカルとユーモアがちょうどいい具合にブレンドされた、毒気の向こう側にある温かみ。その作風のわけを知りたくて「渋谷PARCO」で開催中の個展の初日、それもオープンの1時間前に小走りで会いに行った。

PHOTO_Haruki Matsui
FILM_Kotoe Tsutsumi
FILM EDIT_Kouki Hirano
EDIT&TEXT_Yoshio Horikawa(PERK)

スマイルという超普遍的でポップなアイコンが
今の私のテーマなんです

—— この記事の冒頭部分に「シニカルとユーモアがちょうどいい具合にブレンドされた、毒気の向こう側にある温かみ」と書かせてもらっているのですが、作品に取り組まれる際にご自身の中で特別に意識されていることはありますか?

「絵を描く時に、特に深い意味はなくていいかなと思っていて。ただ私の内面とか、純粋に描きたいものが表れているという感じです。だから人から言われて、自分ってそうなんだと客観的に見れるというか。なかなか自分の言葉で作品を表現するのは難しいですね。以前は、ストレスの解消として捉えていたところがあります。結婚する3、4年前までは情緒不安定で、すごくイライラしてすべてに対してストレスを抱えていたんですよね。例えば、電車のドアが開いて降りようとした時にホームのど真ん中に立っていて邪魔になっている人とか」

—— わかります(笑)。昔も今も変わらず一定数はいますよね。

「あとお店で言うと、こっちが挨拶しているのに返さない店員とか(笑)。でも最近は、まぁ人それぞれだよなとか、ストレス溜まってるのかな~とか思えるようになりましたね」

—— 日々抱えていたストレスを作品に、ごく自然と描き出されていたわけですね。ただ、それをダークなニュアンスを持って描くのではなく、クスッと笑える要素があるから見ていて前向きになれるというか。それこそが支持されている要因だと解釈しています。

「ただ単になにかにつけてディスるだけだと面白くないですし、あとは私の陽気な面が出ているんじゃないですかね。今(インタビュー中)は出せてないですけど……」

—— 今回の個展についてお伺いします。『8mile』というタイトルに込められた想いや、“スマイルずくめ”にいたったお話を聞かせてください。

「コロナが始まった当初に家から出られず暗い気持ちになっていた時に、部屋の雰囲気を少しでも明るくしたいという思いで大きいスマイルのパネルを自分用に作ってみたんです。スマイルという超普遍的でポップなアイコンが今の私のテーマなんですが、自分の強みである色の組み合わせで独自性を出せたのではないかと思っています。あくまで感覚的な話ではあるんですけど、こっちの組み合わせ(ベース、目、鼻、口の配色)ではきれいに見える黄色が、ほかの色に乗せるとくすんで全然違うように見えたり、1色変えただけで全体のバランスが崩れたりするんですよね。色の組み合わせは奥深くて面白いです。『8mile』に特に深い意味はありませんが、Smileの“S”が8に似ていること、アパレルの〈I&ME〉を8年前に始めたこと、あとは私のラッキーナンバーの8を合わせたら、なんとなくこのタイトルになりました」

—— 配色に関して感覚ということですが、これがかなり難しいんでしょうね。あと、こちらにはセラミックやスニーカーも並んでいます。

「セラミックはうちの母が陶芸教室に通っていた時期があって、面白そうだなと思って今年に入ってから始めたんです。自分の絵と合わせられたらいいなと思って。スニーカーは落書きみたいに好き勝手描いてます」

—— 某スポーツブランドのロゴ、嘔吐しているわりに笑顔のキャラ、あとは中華料理の四角いボックスに入った麺が描かれていますね。

「それぞれの関連性はなくて(笑)。麺は箱入りの見た目が好きなんです」

—— あと、先ほどお話しにあったアパレルブランドの〈I&ME〉が今回の個展を機に復活されるんですよね。

「そうですね。2014年に始めたんですけど、19年のブランド休止から3年が経ち、また服を作りたい気持ちが沸々と湧いてきたんです。それにファンの方に会うたびに『〈I&ME〉毎日着てます! もうヨレヨレで新しいのが欲しい』と言われることが多くて、より必要性を感じたというか。これからも自分でハンドリングできる範囲内で、一般的な展示会時期に合わせることもなく、一つずつこだわりながらスモールビジネスでやっていきたいと思っています。個展に合わせてリングやリップクリームのキャップなんかのアクセサリーや、友達のブランドとコラボしたサコッシュも作りました」

—— ブランド名の〈I&ME〉というのは……。

「私の名前が愛美なので(笑)。あとは“I”と“ME”で自分大好きという意味合いも込めつつ」

—— それはもっと自分自身のことを愛そうよ、大切にしようよというニュアンスも含んでいるんですか?

「最近はそうかもしれないです。もともと私が自分大好きなんで(笑)。あと〈I&ME〉ではないですが、友達がやっている〈ちょいブスキーホルダー〉@choibusuともコラボしました。私がイラストにしたキャラクターを、ちょいブスにしてキーホルダーにしてくれて。今回で3回目くらいで、個展の恒例になっています」

——『PERK』は“INDEPENDENT GIRL”をテーマに、一過性のトレンドに流されず自分らしい価値観やその時々の気分を大切にする、インディペンデントマインドを持った女性に向けてコンテンツを発信しています。そんな自立心のあるかっこいい女性たちに向けて、日常をより楽しく、よりポジティブに過ごすためのヒントがあればぜひ聞かせてください。

「よく寝て、周りを気にし過ぎず、楽しいことを探す。私は夜12時に寝て、9時に起きて昼寝もしています。あと、『#あいみ的生活様式のすゝめ』というハッシュタグでインスタにヒントを投稿しています」

—— ほう。例えばどういったものがあるんですか?

「こういった絵と共に、ちょっとしたメッセージを載せていて。“いつもより太いペンで描いてみよう、なんだか自由に描けるかも”“たまには殻にこもる”“オープンマインド”“敵意を向けてくる相手から離れる”」

—— イラストと一緒に見るとほっこりできるし、すっと入ってきますね。悩みを抱え過ぎることなく、自分らしく前向きに過ごせそうです。

「最近は投稿できていないですけど、まとまっていろいろ考えていた時があったんですよ。ずっと自分の性格のことで悩んでいたから、自分自身に向けた考え方とかヒントをいっぱい探していた感じですね」

—— あと数分で個展が始まりますが(初日のオープン前に取材)、最終日の8月28日(日)までこのポップアップスペースにいらっしゃるんですか? 直接小田原さんと話ができるのはファンにとっても貴重な機会です。

「倒れない限り最終日までいます。もし途中で倒れたら、旦那が代わりになんとかしてくれると思います。私自身もすごく楽しみですし、日頃から会いたいと思っているので。まぁ口ベタなので、あまり話が盛り上がらないかもですけど(笑)」

AIMI ODAWARA

PROFILE

小田原愛美/東京都出身。幼少の頃から絵を描くことが好きで、2012年に初めて催した個展を機にアーティスト活動を本格的にスタート。シニカルとユーモアが同居した作風が男女問わず支持を集める。今回の個展ではパネルやセラミック、ラグにスニーカーと、スマイルずくめの作品を展示販売。3年ぶりに復活したアパレルブランド〈I&ME〉にも注目。
https://www.aimiodawara.com
@aimiodawara
@iandme_jp

INFORMATION

aimi odawara Exhibition
『8mile』
開催日時_~8月28日(日)11:00~20:00
開催場所_「渋谷PARCO」3F POP UP SPACE
東京都渋谷区宇田川町15-1
@parco_shibuya_official