MY UNIFORM Vol.3
SPORTS ITEM
Kasumi Kouga / 〈KOWGA〉Designer

May 30, 2022 / FASHION

“私らしさ”がビビッドに表れた
スタイルのある女性たちのユニフォーム

トレンドと程よい距離を保ちながらマイスタイルを楽しむ“INDEPENDENT GIRL”が、昔も今もずっと身につけている服。そんなユニフォームのような存在のアイテムは、彼女たちのセンスや気分、何よりファッションに対する愛に満ちている。連載第3回目は〈コウガ〉のデザイナー、甲賀加純さんに10代の頃から親しむスポーツアイテムを紹介してもらった。

PHOTO_Haruki Matsui
FILM_Kei Doguchi
FILM EDIT_Kenta Ogo
EDIT&TEXT_Yoshio Horikawa(PERK)

SPORTS ITEM
Kasumi Kouga / 〈KOWGA〉Designer

服作りのインスピ源にもなっていますし、
競技やチームごとに配色が違って純粋に面白い。

私のファーストスポーツアイテムは高校生の頃に買ったヤンキースのキャップです。当時、地元静岡のメンズセレクトショップでバイトしていて、そこで扱っていたものを感覚的にいいなと思い始めて徐々にハマっていきました。特に野球やバスケが好きというわけではないんですけど、今もヤンキースのネイビーとホワイトの配色が一番好きですね。
 ここ数シーズン、オーバーサイズを着倒したこともあって最近はジャストフィットが気分。キッズサイズやウィメンズの一番小さいサイズのスポーツアイテムが気になっています。ちょっとずつ大人になるにつれてオーバーサイズで足元がスニーカーだとさすがに子どもっぽいかなぁと思い始めて、なるべく身体のラインが出る女性らしいシルエットを探しています。こだわりとしては、上下でチームのロゴものを合わせるというのは絶対にしないこと。例えばヤンキースのキャップを被るんだったら、スポーツアイテム以外のものを合わせます。特にチームものは1点に絞るというのがマイルールです。あと小さいサイズのほかに、「エア ジョーダン」は現行もⅠなどのヴィンテージも常に探しています。家に山ほどあるんですけど、やっぱりファッションとしてかっこいいからつい買い足してしまうんですよね
 スポーツアイテムはディテールやシルエットがほかのアイテムとまったく違っていて、〈コウガ〉でも重要なカテゴリーとして考えているので、デザインのインスピ源にもなっています。それに野球やバスケ、ホッケーなど競技もチームもいっぱいあって、配色がそれぞれに違っているから純粋に面白いですよね。こんなめちゃくちゃ派手なカラーリングがあるんだ!? とか。そう言えば一時期、読売ジャイアンツのキャップを被っていたらみんなから“監督”って呼ばれて。日本のプロ野球チームのキャップもいいかもと思ったんですけど、いじられたのですぐにやめました(笑)。

〈コウガ〉の定番としてリリースしているB.B.シャツで、これはホワイトデニムを使っています。インできるよう前身頃を長くしていて、裾を結んで好きな丈でも着られます。スポーツモノを取り入れたコーディネートの提案もしたくてセットアップで作っています。
1、2年前に「加純が好きなのあったよ」と先輩から聞きつけて中目黒の古着屋さんで買ったジョーダンⅠの94年の復刻モデル。テーラードジャケットとスラックスに合わせたり、ワンピースの時にはいてゴツさを強調したり。劣化しているけど気にせずにはいてます。
ニューヨーク・メッツのジャンパーはスパイク・リーのイメージもあって気に入ってます。クロエ・セヴィニーのファンなんですけど、彼女がメッツのスタジャンにスカートと革靴を合わせていて。私もいかに大人っぽく落とし込むか考えていますね。
ヤンキースのB.B.キャップは普通のタイプに飽きていて、コーデュロイ(右下)やレザーなど人と被らないような素材を探しています。左はスパイク・リーモデルで、右は昔のヤンキースロゴとワールドシリーズワッペンが好き。白Tやデニムと合わせることが多いです。
赤黒のブルズカラーがめっちゃ好きで〈コウガ〉で作ったバスケットボールタンクドレス。ニット編みで身体のラインが出るサイズ感にして、脇のリブもオリジナルでちょっと細くして華奢なイメージになるようにしました。
ヤンキースのB.B.シャツは、Sサイズで着丈も短くて可愛いんです。最近、大阪のアメ村の古着屋さんで、見つけた瞬間に買いました(笑)。デニムに合わせてシンプルに着るか、秋冬はこの上にチェスターコートを羽織りたい。
〈マジックスティック〉のフットボールロンT。ベロアという意外性のある素材が好きで、スラックスと合わせたいです。黒1色で一見それっぽくないけど、後ろにマニアックな意味合いの“7”のナンバリングが施されています。
2019年に購入したエアジョーダンⅣ。スポーツアイテムの中でも、このハラコやコーデュロイ、レザーなど高級感のある素材に惹かれちゃいます。全身黒のスタイルに合わせてレザーシューズみたいな感覚ではいてますね。
LAのヴィンテージショップで見つけたHouse Of Painのキャップ。おそらくデッドストックです。これはLAなので、さっきのNYのテンションとは違って天気のいい休日に海に行ったりする時に被りたいと思っています。
ユーズドのロサンゼルス・キングスのホッケージャージ。黄色やパープルなど原色のイメージがあるけど、黒を探していたら裏原の「AWESOME BOY Vintage」で見つけて。よくベレー帽やスラックスと合わせていました。

PROFILE

甲賀加純 / 1996年静岡県生まれ。2021年秋冬、ストリートスタイルを軸に自身が思い描く新しい女性像を打ち出す〈コウガ〉をスタート。オンラインでの展開のみだったが、来たる22年秋冬シーズンを目途に新たな打ち出しもスタートする予定。愛車のセドリックワゴンに乗って息抜きするのがオフの日のお決まり。

https://kowga.com/
@kowga_
@kasumi.kouga