PERK

MY HAIR FOR
MY STYLE
Street hair snap
First part

October 20, 2020 / BEAUTY

自分らしく、自由に楽しむ
INDEPENDENT GIRLのヘアスタイル

ファッションと同じく、
ヘアも多様化が加速する時代。
確かな審美眼を持ちながら
今の気分を楽しむ人たちは、
一体どんなヘアデザインで
ファッションを謳歌しているのだろう。
今シーズンのムードを取り入れた、
INDEPENDENT GIRLのヘアをスナップ。

PHOTO_Yoko Tagawa
EDIT&TEXT_Yuka Muguruma(PERK)

THEME_“High tone style”

がらりとイメージチェンジが叶うハイトーンスタイル。多彩なカラーリングのなかでも、秋冬シーズンは髪を柔らかく見せてくれるオレンジと、肌の透明感を際立てる爽やかなブルーがトレンド。三者三様のカラーをぜひ参考に。

[THE REMMY]Stylist
SATOKO KURATA

「気になるヘアカラーは自分の髪で試すのがモットーで、今回はトレンドのターコイズブルーに。ドライワックスとオイルを揉み込んで、クリアな色味を引き立てました。ハードなイメージのレザージャケットも、ブルーのヘアならポップに映ります」
Instagram_@sat0k0_k

[Cocoon]Assistant 
KAEDE ONO

「こっくりしたオレンジベージュで秋らしさを演出。温かみのあるオレンジカラーは、顔まわりを明るくしてくれますよ。毛先をパツッとカットした、コンパクトなミニボブが最近の気分。マフラーやストールを巻くこれからの季節にもおすすめです」
Instagram_@conaconakaede

[Cocoon]Assistant 
YOKO OMORI

「フランス映画『アデル、ブルーは熱い色』に登場するヒロイン、エマの透き通るようなブルーの髪色に憧れて同じ“アデルブルー”に染めました。髪の色に合わせて選んだヴィンテージワンピースは、インパクトのある手刺繍がお気に入りです」
Instagram_@yokonico_

THEME_“Arrange hair style”

マスク生活が当たり前となり、ファッションもヘアも“キメすぎ”は疲れる……。それだけに、多少の後れ毛はご愛敬、ヘアアクセサリーをさっとつけるだけのラフなアレンジを楽しみたい。服にも抜け感を与える無造作アレンジに注目。

Stylist
[THE FOUR-EYED]Director
MAIKO SHIBUKAWA

「顔まわりをすっきりさせたい時に、私がよくやる定番アレンジ。高い位置でポニーテールを結んでキツめの四つ編みにしました。トップスは少しボリュームのあるニットを選んで、タイトなヘアスタイルとのバランスを取っています」
Instagram_@maikoshib

[THE FOUR-EYED]Staff
KINUKO NUMANO

「『ASHLEY WILLIAMS』のふわふわのフェイクファーカチューシャをつけるだけの、シンプルだけどほんのりドレッシーなスタイル。ルーズシルエットのフリースパーカーを着て、カチューシャの甘さを抑えつつメンズライクな雰囲気に」
Instagram_@kinuko_numano

[MANHOOD]Stylist
MAYUKA

「ミディアムヘアをバレッタでざっくりラフにまとめるのが気分。アレンジで抜け感を与えた分、オイル系のワックスでツヤを出すなど質感にこだわりました。ヘアアクセは『PORTRAY』のもの。サッと留めるだけでサマになりますよ」
Instagram_@mayukaabe