PERK

July 16, 2021 / CULTURE

連載第3回のテーマは
違いが実感できる
“ビューティガジェット”

INDEPENDENT GIRLから高い支持を得る人気俳優にして好奇心クイーンの中田クルミさんが、デジタルガジェットについて独自の視点で推しポイントを紹介する連載コンテンツ。第3回は自宅にいながらエステレベルのケアができる、頼りがい十二分の“ビューティガジェット”を紹介。

PHOTO_Ryo Sato(TRYOUT)
MOVIE_Kei Doguchi, Kouki Hirano(TRYOUT)
STYLING_Miki Aizawa(LUCKY STAR)
HAIR&MAKE UP_Kyoko
TEXT_Mika Adachi
EDIT_Yoshio Horikawa(PERK)

乾燥、毛穴、たるみ……、
気になったらすぐにケアしたい!!

 今回ご紹介するジャンルは、普段から気になっている方も多いのではないでしょうか! ズバリ、“ビューティガジェット”です!! 気になっているけど手を出したことがないという方もいらっしゃると思うので、ぜひ私の力説を聞いてもらえたらと思います。

エステのケアを自宅で叶えられる
「ヤーマン」のフォトスチーマー

温スチームと冷却ミスト、それに加えてエステなどで使用されるLEDフォトを搭載した超ハイスペックのビューティガジェット。保湿やクレンジング効果のUP、毛穴ケアを叶えてくれるフォトスチーマー。クルミさんは肌の調子が気になる時のスペシャルケアとして、お守りガジェット的に使っているそう。

ヤーマン 
フォトスチーマー
サイズ:
本体:W157×H229×D157 mm
重量:本体:約1.6kg(給水タンク/ミストタンク/風よけフラップ含む)
給水タンク容量:約160mL
LED美顔器とスチーマーが一体化。ディープクレンズ、クイッククレンズ、モイスト、シルクスキン、トーンアップ、ロングと6つのコースを選べるLEDフォトスチーマー。

 一見、何だかよくわからないこのフォルム。公式サイトのキャッチコピーをそのままご紹介すると、“42年間、美容と向き合い続けてきた専門メーカーの技術の結晶”ということで、こちらの正体は「ヤーマン」のフォトスチーマーです。LEDの光が持つ美容効果でケアをする“フォトフェイシャル”という言葉をエステなどで聞くと思うんですけど、このガジェットも4色のLEDライトを搭載していて、エステのようなケアがおうちでできるというなかなかないアイテムなんです。
 もともとヘアメイクさんが持っていらっしゃって、撮影の前にケアで使ってくれたりするんですけど、ずっといいなと思っていて。こちらを選んだ決め手は、先ほども紹介したフォトケアができるという点でした。背面のタンクに水を入れると温かい蒸気が出てくるので、肌をうるおいつつ、温めつつ、フォトフェイシャルのようなケアもできるというスグレモノなんです。そして今の時期、肌が焼けちゃったな〜という時も保湿が大切ですよね。もちろん冬の乾燥シーズンにも大活躍するので、一年中通して使えます。
 肝心の使い方なんですが、6種類のコースが選べるようになっていて、それによってLEDの種類が変わります。たとえば、「ディープクレンズ」。これは毛穴に詰まった皮脂汚れとか、メイク落としで落とし切れないような汚れをしっかりと落としてくれるコースです。「クイッククレンズ」というコースは、そんなにじっくりケアする時間はないけど、メイク落としよりもきれいにしたいという時におすすめ。保湿に特化したものとしては「シルクスキン」と「トーンアップ」というコースがあって、「シルクスキン」では温スチームと冷ミストを交互に当てながら毛穴を引き締めるというケアができ、「トーンアップ」は温スチームと冷ミストを1回ずつ当てることで、肌のくすみにアプローチするというものですね。そして極めつけは「ロング」コース。60分間かけて温スチームを繰り返し出してくれて、寝る前にケアすれば朝起きたらツルツルの夢のようなお肌を叶えてくれるんです。スチーム系のガジェットって、どうしても蒸気が散ってしまってフルで顔に浴びられないかも、という心配があると思いますが、こちらにはしっかり顔に蒸気が届くようにアタッチメントがあるので、そこも無駄がなくて気に入っています。しかも、このガジェットは美肌効果の期待できるLEDも照射してくれるわけですが、4色の光(RED+ORANGE、BLUE+GREEN)を交互に浴びることで、贅沢なフォトケアとよく紹介されています。
 このガジェットのすごいところがもうひとつあって。いろんなメーカーからLEDケア系のガジェットが出ているなか、「ヤーマン」がすごいのは化粧水が入れられる小さなタンクを搭載しているところなんです。今まで私が知っている商品は、中で詰まっちゃったりするから化粧水を入れちゃいけなかったんです。でも、この商品は給水タンクに水を入れて、別の専用のタンクに化粧水を入れて使うことができるので、自分のお気に入りの化粧水をミストで浴びながら保湿ケア&フォトケアができるんですよ。これはホントに素晴らしい!
 そして、危うくお伝えし忘れましたがこのスチーマー、水道水が使えるんです。普通は精製水を使わないといけないタイプが多いけど、これは水道水OKということで、めちゃ楽ですしコスパも良し! 思い切り使えますよ。
 私は「クレンズモード」を一番よく使うんですが、家に帰ってきて、お風呂に入る前などに夜のスキンケアとして導入しています。このフォトスチーマーを使い始めてから本当に肌がきれいになりましたね。以前は鼻の横の薄い皮が乾燥で剥けたりするのが悩みだったんですが、これを使い始めてからそういう悩みから解放されました。