PERK

Go To NEW PARCO!

December 01, 2020 / STREET

[心斎橋PARCO]に行く前に、
押さえておきたい7things

ファッションビルや百貨店の枠を優に超え、“モノとコト”、“日常とアート”、“リアルとテクノロジー”がボーダレスに交わるスポットとして11月20日(金)に堂々オープンした[心斎橋PARCO]。昨年11月にリニューアルした[渋谷PARCO]のエッセンスに、ラグジュアリーな要素、そして大型専門店やシネマコンプレックス、イベントスペースなどを加えた今までにない圧巻の複合ビルが完成した。そこで今回は、新生[心斎橋PARCO]へ訪れる前に押さえておきたい7つのコトをピックアップ。

PHOTO_Masao Inoue (TAND)
EDIT&TEXT_Yuka Muguruma (PERK)

things_01

まずは1階フロアで、
ラグジュアリー&モードに触れて

真っ先に訪れたいのが、伝統的なラグジュアリーの概念に今の空気感と[PARCO]らしさを掛け合わせた[心斎橋PARCO]のシンボリックフロア。[ティファニー]、[バーバリー]などのラグジュアリーブランドをはじめ、[sacai]や[アンダーカバー]といった関西のファン待望のドメスティックデザイナーズなど、まさに百花繚乱のこちら。見どころ満載のラインナップを味わい尽くして。

[sacai]※心斎橋初

メルトンのミリタリージャケットとパファージャケットをドッキングしたスペシャルアウター¥136,400、「ポーター」とのコラボバッグ¥39,600。いずれも[心斎橋PARCO]限定。

[アンダーカバー]※心斎橋初
([マッドストア アンダーカバー]は関西初)

[アンダーカバー]と[マッドストア アンダーカバー]が揃うこちらは、メンズ&ウィメンズコレクションに加え、ポーチやスピーカーといった雑貨も充実のラインナップ。

[BAO BAO ISSEY MIYAKE]

限られた店舗だけでリリースされるミニサイズのハローバオバオ(トートバッグ)¥19,800は、リーズナブルなプライスゆえ最初のひとつ目としても好評。人気モデルのため早めにチェックを。

things_02

“関西初”が続々! 
2階フロアでジャパンモードを堪能

お次はストリート×ラグジュアリーと世界で活躍するジャパンモード、こだわりのセレクトショップをマッシュアップして、[心斎橋PARCO]が掲げるファッションの世界観を表現した2階フロアを紹介。[kolor]や[ファセッタズム]をはじめとした関西初進出のブランドのほか、[マイキータ]のアイウエアや[ジ オニツカ]のシューズなど、日々のスタイルを彩る小物も揃い踏み。“関西初”をたっぷり詰め込んだワクワク空間に酔いしれたい。

[ファセッタズム]※関西初

関西初の直営店となるこちらでは、ユニセックスアイテムをメインにデザイン性に特化したメンズ&レディースウエアが並ぶ。コーデのアクセントに取り入れたいネオンカラーのカーディガンは¥41,800。

[kolor]※関西初

カラフルなケーブルがむき出しになったオリジナリティ溢れる内装がユニーク。持ち運びしやすいミニウォレット¥39,050は、心斎橋と渋谷[PARCO]限定。

[ユナイテッドアローズ]

アメリカの東海岸をイメージしたモダンな店内に、国内外からセレクトした上質なアイテムがずらり。存在感のある「ア ヴァケーション」のトートバッグもおすすめ。

[マイキータ]※関西初

ドイツ・ベルリンで生まれたアイウエアブランドの直営店。クリアフレームが可愛いサングラス¥59,400(右)や「メゾン マルジェラ」とのコラボモデル¥69,300(左)など、ハンドクラフトと最新テクノロジーを融合した最先端モデルが揃う。

[ジ オニツカ]※関西初

スニーカーブランドとして知られる[オニツカタイガー]のラグジュアリーライン。コンテンポラリーな世界観が漂う店内で、長く愛用できるタイムレスな一足を見つけたい。

things_03

喫茶×書店のコラボストアと、
全国初のワーキングスペース

買い物を楽しんだあとは、4階[丸福珈琲店 Good Old & New Edition]でのんびりチルアウト。大阪を代表する老舗喫茶[丸福珈琲店]とセレクト書店[スタンダードブックストア]がコラボしたこちらには、感性を刺激する本やハンドメイドの雑貨もスタンバイ。さらに同フロアには、[PARCO]が提案する新しいワーキングスペース[SkiiMa]が全国初出店。併設のギャラリーで催される展覧会やポップアップも要チェック!

[丸福珈琲店 Good Old & New Edition]

大阪の老舗[丸福珈琲店]とさまざまなカルチャーを発信する書店[スタンダードブックストア]が異色のコラボ。昔ながらのホットケーキ¥700とコーヒー¥570。

[SkiiMa]※全国初

大阪・谷町の人気店[台風飯店]のオリジナルグッズや、観光名所のお土産を販売するポップアップスペースを併設。仕事や勉強の合間にひと息ついて、集中力を高めて。

things_04

多彩なパブリックアートと、
感性を刺激するアートイベント

館内には大阪出身のクリエイターとのコラボ作品や、五十嵐威暢氏がデザインを手がけた旧[渋谷PARCO]のネオンサインなど、眺めているだけで楽しいパブリックアートが盛りだくさん。ショッピングの合間にアート巡りをするのもおすすめ。そのほか、14階[PARCO EVENT HALL]と[SPACE 14]で開催する、期間限定のアートイベントもスルー厳禁!!

「ガールズドントクライ」などを手がけるVERDY氏やイラストレーターの黒田征太郎氏など、地元出身アーティストによるパブリックアートが館内を彩る。

旧[渋谷PARCO]のオープン当初から外壁に設置されていた五十嵐威暢氏によるネオンサインを、当時のまま13階にディスプレイ。[PARCO]フリークにはたまらない!

14階の[PARCO EVENT HALL]では、現代アートギャラリー[NANZUKA]がキュレーターを務めるグループ展『JP POP UNDERGROUND』を12月6日(日)まで実施。イベントに合わせて登場するイラストレーター・空山基氏による巨大オブジェ「Sexy Robot」は必見。

things_05

新感覚のグルメやスイーツに出合える出張ポップアップ

新感覚の食の体験をしたいなら、地下1階のポップアップスペース[THE KITCHEN]へ。こちらでは、[渋谷PARCO]からフードカルチャーを発信するスタンド[COMING SOON]の出張ポップアップを開催。オープンから12月6日(日)までの約3週間、前半と後半それぞれ分けてイベントが行われる。Osaka Metro御堂筋線の中央改札を出てすぐの場所ゆえ、サクッと立ち寄れるのもうれしい。

前半クールでは、フードエッセイストの平野紗季子さんが監修した“中華風”ホットドックスタンドがオープン。“犬かよ”ステッカーやロンTといったオリジナルグッズを販売した。

東京(的)甘味
期間:11月24日(火)~12月6日(日)
出展:[CRAFT CHOCOLATE WORKS]、[cineca]、[NUMBER SUGAR]ほか

things_06

[PARCO]と言えばの
圧巻の広告ビジュアル

[PARCO]と言えば、毎度強烈な個性を放つオープニングビジュアルも気になるところ。今回は、俳優の池松壮亮と「水曜日のカンパネラ」のコムアイを起用し、新たに“生まれる・生まれ変わる=Re:Birth= EGG”をモチーフにしたオープニングビジュアルを制作。殻を勢いよく突き破る2人の姿は、まさに生まれ変わった新生[心斎橋PARCO]そのもの。オリジナルムービーも併せてご覧あれ!

things_07

[心斎橋PARCO]とタッグを組んだニュースなWEBメディア

もう一つ押さえておきたいのは、[心斎橋PARCO]とタッグを組んで、関西のヒト、コト、カルチャーを発信するWEBメディア『MARZEL』。オープンに先駆けて11月9日(月)にローンチしたこちらのコンセプトは、“いつの時代も、どんな時も、街はヒトがおもしろくする”。ファッション、アート、ミュージック、フードなど、街で気になるあのヒトが着目するカルチャーを独自の目線で掘り下げている。以下のURLから記事をチェック。
https://www.marzel.jp/

[心斎橋PARCO]
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3
TEL_06-7711-7400(代表)
営業時間_物販10:00~20:00、飲食10:00~21:00 ※新型コロナウィルス感染状況を鑑みて、当面の間は営業時間を短縮
定休日_無休