PERK

FEEL SO MUSIC

January 30, 2021 / FASHION

心地のいい日にこそ纏いたい
音楽を感じるファッション

昔も今も、音楽とファッションは切っても切れない間柄。
片一方をきっかけに、もう片方を知ったというケースも多いはず。
トレンドを追いかけるのも楽しいけれど、
カルチャーやルーツを持った服を選ぶのも、
それと同じくらいにエキサイティングなこと。
日差しが心地いい日に音楽を聴きながら纏いたい春の新作を、
それぞれのライナーノーツと共に。

PHOTO_Hiroshi Nakamura
STYLING_Maki Otake
EDIT&TEXT_Yoshio Horikawa(PERK)

「RIOT FACETASM」Nailing RIOT Hoodie

2020年秋冬よりスタートした「ファセッタズム」の新ライン。パステルピンクのボディに描かれたのは、デザイナー・落合宏理氏とも親交を深めるDJ NOBUによるグラフィック。自身が主宰するレーベル「Bitta」や人が人を呼ぶ人気イベント「Future Terror」などを通じ、類のないサウンドスペースを生む実力者で、今や世界屈指のテクノDJの1人となった同氏。クラブミュージック好きなら無視できない!

「ライオット ファセッタズム」のネイリングライオットフーディ¥25,300(問)ファセッタズム

「bend(s)」5.6oz SHORT SLEEVE TEE,
T/C BOMBER JACKET

セレクトショップのバイヤーやアーティストなど、東京と大阪を拠点とするクリエイティブクルーが展開するブランド。どこかで見たことのあるクマがキメ込んでいるのは、NIRVANAのフロントマンにしてグランジファッションのカリスマ、カート・コバーンを意識したスタイル。ビジネス的には大成功を収めたものの、最期まで少年のように生きた彼の純粋さを、幼さを感じるクマに宿した。

「ベンズ」の5.6オンス ショートスリーブTEE ¥5,390、T/C ボンバージャケット¥16,500(問)ベンズ

ReebokInstapump Fury “GLITCH”

1994年リリースの1stモデルは、赤×黄の奇抜な配色と紐のないポンプ膨張構造が注目を集め、カルチャー誌『Cut』でアイスランドの至宝・ビョークが着用したことでさらに話題に。四半世紀以上が経った今も展開され、春夏はテクニカラーによるグラデーションと大小の炎をモチーフとしたネオンカラーが目を引く新作が登場。テクノミュージックを感じさせる、初代に引けを取らない斬新なルックス。

「リーボック」のインスタポンプ フューリー“グリッチ”各¥19,800(問)リーボック アディダスお客様窓口

「JOHN LAWRENCE SULLIVAN」BODY SUITS JACKET

2003年にメンズブランドとしてスタートし、10年春夏からは強さとエレガントさを兼ね備えたメンズテーラードの技術を取り入れた、シャープな雰囲気のレディースラインも展開。そんなブランドの世界観がビビッドに表れているのが、ボディスーツのようなカッティングが新鮮なこちら。ボディスーツといえば、数々のディーバがステージ衣装として着ているけれど、ここまで上質な一着は見たことない。

「ジョン ローレンス サリバン」のボディ スーツ ジャケット¥110,000(問)ジョン ローレンス サリバン

「Adult Oriented Robes」Pocket music, Seaside,
Boardwalk

代々木上原にあるレコードブティック[Adult Oriented Records]が手がけるユニセックスクロージングブランドで、’80sに確立された音楽ジャンル“AOR”の象徴でもあるジャケット&トラウザーといったセットアップを中心に展開。それぞれのアイテムにDLコードが記されたタグが付き、専用のアプリから該当の曲をダウンロードできる。どんなナンバーが流れるのか、期待せずにはいられない。

左から「アダルト オリエンテッド ローブス」のポケットミュージック¥37,400、シーサイド¥46,200、ボードウォーク¥25,300(問)イルイマジン ランドスケープ

「KANGOL」Carnival Casual, Bermuda Bucket,
Denim Mashup Bucket, Tie Dye Bucket

ラッパーなど数々のアーティストに愛され、日本でもストリートスタイルのアイコンとしてもおなじみの「カンゴール」のハット。タオル地のような素材感で、タイムレスでクラシカルなデザインのバミューダ バケットがあまりに有名だけど、4つの柄を組み合わせたモデルや大胆にダメージが入ったデニムタイプ、後染め加工を施したタイダイパターンなど、シーズンごとに続々と新作が加わる。

左から「カンゴール」のカーニバル カジュアル¥8,360、バミューダ バケット¥7,590、デニム マッシュアップ バケット¥6,930、タイダイ バケット¥6,490(問)カンゴール ヘッドウェア

「NEEDLES」TRACK JACKET, BOOT-CUT TRACK PANT

ストリートウェアでステージに上がった初めてのヒップホップグループと言われているRun-D.M.C.など、古くからラッパーのスタイルとして知られるジャージのセットアップ。上下合わせて着るかはともかく、今選ぶなら「ニードルズ」のそれで間違いなし。毎シーズン新色が登場する人気アイテムで、独特の配色やアイコニックな蝶モチーフの刺繍と、スポーツウェアにはないファッション性が魅力。

「ニードルズ」のトラックジャケット¥28,600、ブーツカット トラックパンツ¥23,100(問)ネペンテス ウーマン トウキョウ